⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら
ラブコスメティック

わきが対策

ワキガの3大原因解決法

わきがの悩みぶっとばせ!のみずきです。

わきがの3大原因とは、汗、腋毛、細菌です。

この3大原因を解決する事でわきが対策となります。根本的にワキガを治療するのであれば、腋の部分の汗腺を全て取り去るわきが手術という選択肢がありますが、その前にいくつかやってみる価値があるわきが対策方法がありますのでご紹介します。

@脱毛
レーザー脱毛や電気針脱毛などでワキ毛を失くすことによって、わきがが軽くなるといいます。軽いわきがの人なら脱毛して、脇を清潔に保ち、制汗剤を使用する程度でも随分効果があるでしょう。

Aイオン導入(イオントフォレーシス)
水やホルマリン水溶液などによるイオン導入で発汗が減ると言われています。それと平行してワキを清潔に保つと良いでしょう。

※イオントフォレーシス(イオン浸透療法)は、多汗症の部位を水道水に浸し、それに弱い電流を通じて行ないます。


Bボトックス注射
ボツリヌス菌をわきに注射してわきの発汗を抑えることが出来るわきが治療法。レーザー脱毛などと平行して行なうと効果的とも言われます。


わきがが気になる人は、一度お試しください。

わきが対策

ワキガ対策は日常生活でもできる

わきがの悩みぶっとばせ!のみずきです。

普段の生活でわきが対策はどんなものがあるのでしょうか?
わきがは遺伝や体質によるものなので、わきがにならないようにすることはできません。しかし軽い症状の人なら日常生活の中でワキガ対策をたてることによって、ある程度臭いを抑えることができます。

@わきの下をいつも清潔にする
汗自体は、それほど臭いを出さないのですが、わきがの臭いの原因となる物質が含まれているわけですから、汗をかいたままにしておくと 汗の中の成分が雑菌などと混じり合って変化して、わきが臭となるわけです。
特に汗をかく時期は シャワーなどで身体の清潔を心がけるだけでも、かなり臭いが予防できます。
また消毒用アルコールをしみこませたコットンなどで時々拭いて、悪臭を作り出す雑菌を増やさないことも大切です。

Aこまめにわき毛を剃る
雑菌が繁殖する原因である、わき毛をこまめに剃ることで、わきがの臭いをある程度抑えることが可能です。
レーザー脱毛などは、わきが対策としても良いんじゃないでしょうか。

B食事に気をつける
肉や乳製品を多く摂る欧米型の食事は、アポクリン腺や皮脂腺の活動をさかんにします。また動物性脂肪にふくまれる「不飽和脂肪酸」の一部はアポクリン腺や皮脂腺から分泌されますが、この分泌物が臭いの元になります。
従って、高カロリー・高脂肪の食事をできるだけ避けるようにすることが望ましいでしょう。
また発汗を促す塩分や糖分、香辛料、アルコールや多量の水分を控えめにすることも必要です。

わきが対策に理想的な食事は和食です。元々日本では、わきが体質の人は少なかったそうですが、食生活の欧米化が進むにつれ次第に増加しているんだそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。