⇒体臭予防関連商品の詳細・購入はこちら
ラブコスメティック

わきが治療

ワキガ治療、煎除法

わきがの悩みぶっとばせ!のみずきです。

気になるワキガ治療の煎除法をご紹介します。

煎除法は、わきの下に5cm程切開を入れ、皮下を剥がし、血管を確認しながらアポクリン腺をはさみで切除するわきが治療方法です。
高度なわきがに対し最も効果がありますが、わきが治療後の傷あとなど美容面の問題と、十分な安静期間の必要が欠点といえます。約1週間、厚ガーゼを皮膚に縫い付け圧迫をするため、両手は不自由となり、その後も抜糸まで約1週間、手をあげないなど比較的安静を命じられます。

メスを使用した切開手術にも、いくつかの術式があるようです。最も一般的なのは剪刀(外科用のはさみ)を使って皮膚の裏側から汗腺を切り取るわきが治療方法です。

手術の特徴としては、日帰りで治療可能、効果が確実で高いらしい、手術後2〜3日で入浴など日常生活が可能。

主な注意点・副作用は、わきが治療後に皮下出血がおこることがある、手術した皮膚が部分壊死することがある、瘢痕が多少残る可能性がある。などです。

気になる治療費用は、20万円位。健康保険が使える場合もありますので、病院、クリニックにお尋ね下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。